BTOパソコンにデメリットはあるのか

BTOパソコンのデメリット

taiyakiyasan-001
ではBTOパソコンにはデメリットはあるのでしょうか。
BTOパソコンのデメリットで言えば、やはりカスタマイズして作る為、パソコン初心者には少し難しい点が挙げられます。

BTOパソコンのメリット、デメリット – ゲーミングPC、BTOパソコン情報

パーツなども専門的な名前が多く、専門的な知識がなければカスタマイズできません。

BTOパソコンの納期

次に、メーカーの完成品などと比べるとどうしても納品に時間がかかってしまう点です。
BTOはオーダーして販売店が組み立ててくれるので、完全な受注生産方式になります。ですので手元にパソコンが届くまでに時間がかかってしまいます。販売店によってはすぐに納品してくれる店舗もありますが、通常で3から5日、長くて2週間ほどかかる場合もあります。
カスタマイズする内容にこだわったりする場合は納期が長くなってしまう傾向があります。

パソコン実機の確認

次に購入する前に実物の確認ができないというのもデメリットになります。パソコンの実際のサイズなどを情報でしか仕入れることができないため、買ってみてから予想よりも大きかったや、イメージと違ったという場合もあります。
この実物の確認ができないというのは通販でショッピングをする際にどうしてもネックになる部分だと思います。

BTOパソコンのデザイン性

次にBTOパソコンは完成品と比べるとどうしてもデザインが単調になりがちです。BTOの販売店ではより安く販売するために、ケースのデザインなどにはあまり力をいれません。なのでどうしても単調になりがちで見た目はあまり良くありません。

パーツの信頼性

最後になりますが、これは珍しいケースですが、BTO販売店でも悪徳な販売店の場合であれば、粗悪部品が使われてしまう事もあります。BTOパソコンはマザーボードや電源などに製品を書いていないメーカーがほとんどです。
なので販売店を選ぶ際はどこのメーカーのものなのかをしっかりと掲載している店舗を選ぶことをおすすめします。
そうすればどこのメーカーのものなのかもわかるので安心して購入することができるのです。

以上がBTOパソコンを購入する上でのデメリットです。こういったデメリットを気にならないのであればBTOパソコンは大変おすすめです。

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP